レイテンシイメージ

現在、「エメラルド」のバージョン1.42を様々な環境と口座で運用しています。たった数日ですが、成績の違いを生む重要な要素が、少しだけわかってきたように思っています。

少しだけ結論を先にいうと、約定速度という視点でみると「お名前VPS」では成績が上がらない可能性が高いです。

はじめは、スプレッドに注目していたのですが、それだけではなさそうだと、次に注目したのがレイテンシ(遅延時間)です。

MT4を運用する上で、レイテンシにもいろいろな種類があると思いますが、重要なのはネットワークのレイテンシの、ping(応答速度)と約定速度で、特に約定速度は非常に重要だと感じています。

そこで、様々な環境で約定速度がどのくらい異なるかをチェックしてみました。FX会社は「エメラルド」の運用にあっていそうな「OANDA」「Titan FX」「AXIORY」の3社で、いずれもリアル口座の数値となります。

※ここでいう約定速度とは、ブローカーに注文を出してそれが約定し、その情報がMT4に戻ってくるまでの時間です。
今回、約定速度測定は、下記ページで紹介の「LatencyEA」を使用しています。


Beeks VPSのレイテンシ

※Beeks VPSは、NYデータセンターにあるサーバ

■OANDAの約定速度

OANDAの取引サーバとBeeks VPSは同一のビルに入っているため、ping(応答速度)は非常に早く1ms(1000分の1秒)と高速です。
重要な約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:81ms 最速:32ms  最遅:1045ms
OANDA 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:83ms 最速:31ms  最遅:795ms
OANDA 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均と最速は十分だと思うのですが、最遅の1045ms(約1秒)は、結構遅いなという印象です。「エメラルド」はトレールストップで利益を伸ばしたり、指値を変更したりしますので、そのときに1秒の延滞があると、成績に影響してくるものと思われます。


■Titan FXの約定速度

OANDAと同じく、Titan FXの取引サーバとBeeks VPSは非常に近いため、ping(応答速度)は非常に早く1ms(1000分の1秒)と高速です。
そして約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:146ms 最速:62ms  最遅:9048ms
Titan-FX 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:162ms 最速:62ms  最遅:9017ms
Titan-FX 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均と最速はまずまずですが、最遅の9048ms(約9秒)は、非常に遅いなという印象です。OANDAの1045msも遅いと思っていたのですが、その9倍もあります。現時点では、Beeks VPSでの成績はTitan FXの方が優れているのですが、しばらく運用すると、OANDAの方が上回ってくるかもしれません。

pingは、OANDAとTitan FXでほぼ同じ事から、この約定速度の違いは、取引業者のサーバの処理能力と思われます。


■AXIORYの約定速度

AXIORYはBeeks VPSでの運用を行っていません。理由はAXIORYの取引サーバは「AxioryAsia-02Live」でNYからは遠いためです。


お名前VPSのレイテンシ

※国内サーバのお名前VPS

■OANDAの約定速度

お名前VPSの国内サーバのため、OANDAの取引サーバから遠く、ping(応答速度)は170ms(0.17秒)程度です。
約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:412ms 最速:218ms  最遅:2172ms
OANDA 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:727ms 最速:234ms  最遅:31203ms
OANDA 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均、最速共にかなりの延滞です。特に日本時間、午後3時〜午前3時の最遅31203ms(約31秒)はありえない遅さです。午後3時〜午前3時の計測は昨日行ったので、一昨日に24時間放置したときの最遅よりも遅く、この時間帯に極端にサーバの負荷が高まった可能性があります。

Beeks VPSのOANDAにはこのようなことが起こっていないため、お名前VPSの処理能力の問題と思われます。昨日(4月26日)の取引数が他の環境比べて少なく、成績もふるわなかったのはこの影響かもしれません。外れのVPSの可能性も高いですが、もうしばらく様子をみることにします。


■Titan FXの約定速度

お名前VPSの国内サーバのため、Titan FXの取引サーバから遠く、ping(応答速度)は168ms(0.17秒)程度です。
約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:468ms 最速:234ms  最遅:3125ms
Titan-FX 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:646ms 最速:250ms  最遅:14016ms
Titan-FX 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均、最速共にかなりの延滞です。OANDAと同じく、日本時間、午後3時〜午前3時は非常に遅く、最遅14016ms(約14秒)となっています。あり得ません。これでは成績がよくなることはなさそうですが、だめな環境ということも調査しなければならないので、しばらく様子をみることにします。


■AXIORYの約定速度

お名前VPSの国内サーバで、AXIORYの取引サーバはAxioryAsia-02Live(名前からおそらくアジアの何処か)のため、ping(応答速度)は8ms(0.008秒)程度とかなり高速です。
約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:326ms 最速:78ms  最遅:8484ms
AXIORY 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:590ms 最速:94ms  最遅:20766ms
AXIORY 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

最速はかなり早いのですが、平均はかなりの延滞です。これもやはりOANDAと同じく、日本時間、午後3時〜午前3時はかなり遅く、最遅20766ms(約20秒)となっています。何か、お名前VPSが嫌になってきますが、だめな環境ということも調査しなければならないので、しばらく様子をみることにします。


社内PC(NTT光接続)のレイテンシ

※Windows7 4GB RAM SSD Core i5という環境です。

■OANDAの約定速度

社内のMT4専用のPCのため、OANDAの取引サーバから遠く、ping(応答速度)は195ms(0.195秒)程度です。
約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:290ms 最速:234ms  最遅:967ms
OANDA 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:288ms 最速:249ms  最遅:1669ms
OANDA 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

pingは決して早いわけではないのですが、約定速度は「お名前VPS」を大幅に上回り、24時間の最遅はBeeks VPSで稼働のものを上回っています。VPSは他人と共有するサーバですので、その違いがものすごく大きいのだと思われます。

お名前VPSの国内サーバを使用するくらいなら、自宅で24時間PCを稼働させる方がよさそうです。電気代が・・・という広告がありますが、静音小型SSD搭載のPCなら、消費電力は10W程度で、年間の電気代は2374円で済みます。月200円程度。
下記で計算


■Titan FXの約定速度

社内のMT4専用のPCのため、Titan FXの取引サーバから遠く、ping(応答速度)は172ms(0.17秒)程度です。
約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:343ms 最速:249ms  最遅:4524ms
Titan-FX 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:315ms 最速:249ms  最遅:1108ms
Titan-FX 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

pingは決して早いわけではないのですが、約定速度は「お名前VPS」を大幅に上回り、24時間の最遅はBeeks VPSの9048msを大幅に上回っています。専用サーバだからでしょうか、社内PCはかなり優秀な気がしています。

ただ、OANDAと同じNYのサーバでありながら、どの環境でもややTitan FXの速度が遅いことから、サーバが多少非力なのかもしれません。


■AXIORYの約定速度

社内のMT4専用のPCのため、AXIORYの取引サーバはAxioryAsia-02Live(名前からおそらくアジアの何処か)のため、ping(応答速度)は19ms(0.02秒)程度とかなり高速です。
約定速度は下記のようになりました。

●24時間

平均:135ms 最速:78ms  最遅:203ms
AXIORY 24時間

●日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

平均:132ms 最速:78ms  最遅:202ms
AXIORY 日本時間 午後3時〜午前3時(海外の取引が盛んになってくる時間帯)

これは、他の環境よりもかなりすごい数字です。平均、最速、最遅ともとてもよいのではないでしょうか。最遅でも203msと十分と思われます。


■レイテンシから見た「エメラルド」の運用環境

今回は、「エメラルド」の運用環境を約定速度という視点で絞って調査してみました。

今回のテストで、ベストと思われるのは「AXIORYと社内PC」の組み合わせです。その他の口座でも社内PCの環境は、約定速度という点においては優れているようです。

Beeks VPSは、ブロンズプランのためか、PCの処理が若干もたついているのではないかと思っています。理由は遠方から繋がっている社内PCに最遅が劣っているからです。今後は、Beeks VPS以外の強力な海外VPSで、OANDAやTitan FXのリアルを試してみる価値があるかもしれません。

また、Titan FXは約定速度という点においてOANDAより若干落ちるようですので、運用成績を確認しながら、調査を続けたいと思います。


ご購入について

2017年3月初めよりリアルトレードを開始したばかりで、テスト期間が短いため多少のリスクがあることをご了承の上ご購入ください。


この記事へのコメント