海外のイメージ

ただでさえギャンブル的なイメージのFXで、その上、海外のものなんてとてもじゃないけれど、安心・信用できないと思われる方も多いでしょう。

海外の場合、信託保全はFX会社によってはないですが、あるところもあります。なので長期運用は少し躊躇されるかもしれません。ですがそれ以上に、海外のFX会社にはとっても魅力的なところがあります。それは・・・


その1、ゼロカット対応で安心取引

ゼロカット(ゼロカットルール)って何?って思われるかもしれませんが、これはとても良いサービスで、日本にも是非取り入れて欲しいサービスです。

どのようなものかというと、
「急な為替変動でマイナス以上の損益が発生しても追証を請求されない」。
というサービスです。

つまり、たとえ口座がマイナスになってしまっても0に戻してくれるんです。これは長くFXをやっておられる方なら、すごく安心でいるシステムだと思われるに違いありません。日本の金融庁もレバレッジ規制なんかより是非こちらを取り入れて欲しいです。

この、ゼロカットルールが適応されていない日本のFX業者「YJFX(Yahoo! JAPANのグループ会社)」そこが公開している「ファイナンススタジアム」の惨憺たる状況を見てみてください。よくまあ、このようなランキングを公開しているものだと思います。営業的にもきっとマイナスだと思うのですが・・・。いや逆に正直に公開しているところが安心できるということなんでしょうか(^_^;)

そのうち表示されないようになってしまうかもしれませんので、スクリーンショット取っておきます。

ファイナンススタジアム・総資産ランキング・最後のページ
情報:ファイナンススタジアム

きっと「2015年1月15日のスイスフランショック※1」や「2016年1月11日のランドショック※2」などで被った被害だと思いますが、窓を開けて値が飛ぶような急激な価格変動では、ストップロスが効かないので注意が必要です。ゼロカットルール、是非とも日本のFX会社も対応して欲しいところです。

私は「ゼロカットルール」と「ファイナンススタジアム・総資産ランキング・最後のページ」のURLを添えて「金融サービス利用者相談室」に要望を送っておきました。


その2、レバレッジが非常に高い。

海外のFX業者は1,000倍のレバレッジの所もあったりします。これは、別に嬉しくない方も多いかもしれませんが、前述の「ゼロカットルール」があるので高レバレッジで宝くじのように使ってみる手はあるかもしれません。

もしあなたが、ジャンボ宝くじを購入し経験があるなら・・・一攫千金を狙ってみたい気があるならば、7億は無理かもしれませんが、それより高い確率で大金を手に入れられるかもしれません。

宝くじの1等の確率をご存じでしょうか?

ジャンボ宝くじ1等の確率は1,000万分の1
1,000万本を1ユニットとして販売し、1ユニットの中に1等が1本あるので、確率は1,000万分の1です。

1枚300円の宝くじを1,000枚買って30万円。それでも確率は1万分の1にしかなりません。自動車事故で死亡する確率が1万分の1ですから、ほぼそれと同じ確率です。宝くじを当てるのは相当難しいですね。

この宝くじを買うのを止めて、海外のFX業者を使って30万円を1,000倍のレバレッジをかけて3億円分の米ドルを買います。5円動いた後に決済すれば1,500万円になります。7億には及びませんが宝くじよりは成功する確率が高いと思います。もちろん失敗する確率も多大にあります。FXにはスプレッドがあるのでポジションを持ったとたんにマイナス数万円とかになりそうです。なので買った後はもう見ないことにするとかでしょうか。

2016年11月現在、トランプ大統領が誕生してからの米ドル円の値動きをご存じでしたら、上記の取引がうまくいく可能性も否定できないと思います。なにしろ2週間強あまりの間に、101円から114円間近まで急騰しましたから、値幅13円をフルに維持できていたならば3,900万円になっています。まあ無理でしょうけど。それでも少しはドリーム的な要素がありますね。「ドリームFX」とでも呼びましょうか( ̄▽ ̄;)

chart20161126.jpg

ただ、注意していただきたいのは、仮にうまくいった場合、中毒にならないようにしてください。FXジャンキーになってしまったら、儲けたお金も使い込んでしまうことになります。しばらく相場を離れる方がよいと思います。


その3、口座にお金を入れておくだけで金利が付く

普通、FXの口座に証拠金を入れておいてもその証拠金には金利はつきません。取引をしていないので当たり前なのですが、一部の海外のFX会社は、トレードしなくても証拠金に金利を付けるところもあります。

いかがでしたでしょうか。


日本語対応の海外FX会社一覧

それでは海外のFX会社を紹介していきます。


XM(XEMarkets)

最大レバレッジは888倍での取引が可能で「ゼロカットルール」に対応しています。2015年1月のスイスフランショックでも「ゼロカットルール」をきちんと守られたようで安心できます。また、7つの取引システムが選べその中にMT4もあります。
取扱金融商品 FX,CFD,原油、金および株式指数など、全部で100銘柄以上
レバレッジ 1倍~最大888倍まで
ゼロカットルール 対応
最低入金額 5ドル(250円)
取引単位 10〜500万通貨単位(口座により異なる)
登録機関 CySEC (キプロス証券取引委員会)、NZFSP(NZ金融サービスプロバイダー)、英国FCAライセンス
資産保全の方法 信託保全(最大2万ユーロの信託保全)
キャンペーン

※「レンジオーダー」の無料進呈を希望される場合は、口座を申し込みされた日時とFX業者名を記録し、ページ下部のプレゼントEA「レンジオーダー」お申し込みよりお知らせください。


IFCMarkets

IFCMarkets 口座開設
証拠金に年利0%〜7%の金利がつき、取引量が増えれば最大年利7%の金利がつきます。最大レバレッジは1000倍です。また、2つの取引システムが選べその中にMT4もあります。
取扱金融商品 FX46通貨ペア、株価指数・株式・商品・先物CFDなど合計300銘柄以上
レバレッジ 1000倍
ゼロカットルール 対応
最低入金額 1ドル(100円)
取引単位 100通貨単位
登録機関 IFCMarketsはBVI(英国領ヴァージン島)
資産保全の方法 分別保管
キャンペーン 取引ロット (条件ロット数) 利息率(年利)
10ロット以下 0%
10ロット - 30ロット 1%
30ロット - 50ロット 2%
50ロット - 70ロット 4%
70ロット以上 7%

※「レンジオーダー」の無料進呈を希望される場合は、口座を申し込みされた日時とFX業者名を記録し、ページ下部のプレゼントEA「レンジオーダー」お申し込みよりお知らせください。

IFC Marketsの詳細を確認する


※1スイスフランショックとは
スイスの中央銀行であるスイス国立銀行が2011年9月から維持してきたスイスフランに対するユーロの下限(ユーロスイス相場)を1.2000として無制限介入を行っていくという為替方針を2015年1月15日に突然撤廃、その結果ユーロスイス相場は一時41%の急落となる、主要国通貨においては過去に例を見ないマーケット変動となり金融市場に混乱をもたらした。この3年以上続いたスイス中銀による介入方針の突然の終了によってユーロスイス相場の急落(スイスフラン急騰)を受けたマーケット急変と、それによりもたらされた一連の事態のことを「スイスフランショック」という。
情報:SBI

※2ランドショック
1月8日(金)のクローズ時点では7.2円あたりで推移していた南アフリカランド/円は、11日(月)早朝、わずか20分ほどの間に6.2円あたりまで、およそ13%超もの暴落。
情報:ザイFX


「レンジオーダー」を無料で進呈!
当サイト経由で、FX口座をお申し込みの方に「レンジオーダー」をプレゼントいたします。

※EAとはメタトレーダー4(MT4)で使用するためのプログラムです。シストレ(自動売買)を実践するためには必ず必要になります。どのようなEAかはこちらをご覧ください。

レンジオーダーの紹介
「レンジオーダー」はfx-onでも販売中!
FX口座が必要ない方は下記のページよりご購入いただけます。
レンジオーダー販売ページ

ご注意
「レンジオーダー」のプレゼントを希望される場合は必ず下記のことをお守りください。口座の申込みが確認出来ない場合は、プレゼントは無効となりますのでご注意ください。
1,必ず当サイトの各FX業者へのリンクボタンを経由して、口座を開設してください。ボタンを経由せずに新規口座を申し込まれてもEAのプレゼントは無効です。
2,申し込み日時と口座開設が完了したFX業者名を記録しておいてください。
3,デモ口座はプレゼントの対象外です。
4,海外のFX業者のすべてで動作確認を行っているわけではございません。動作しない場合はご了承ください。ご報告いただければ次期バージョンアップの参考にいたします。

プレゼントEA「レンジオーダー」お申し込み
新規口座の申し込みが完了し、FX業者より口座開設完了のお知らせがきましたら、下記のボタンよりお申し込みください。
プレゼントEA「レンジオーダー」お申し込み

この記事へのコメント